伝統染織工芸会

山下家に伝承される黄八丈‐「山下八百子・芙美子 展」

会期 2005年9月16日(金)~18日(日)
会場 銀座かねまつホール 5階

かつては八丈島の特産品として島の経済を支えてきた歴史を持つ黄八丈も、近代に入り次々と染元が姿を消しました。
現在残っている数少ない染元の中でも、「本染」と呼ばれる黄八丈の昔ながらの草木と泥染めによる技法を守り継いでいるのは、山下家だけです。
貴重な文化財としての山下家の黄八丈の作品を、より多くの方にご覧いただきたいという思いで、展覧会を開催いたします。
東京都指定無形文化財技術保持者の 故・山下八百子氏、八百子氏の娘の芙美子氏、そして山下家が主宰する「めゆ工房」の作品 計20余点を発表致します。