伝統染織工芸会

人間国宝 宮平初子と意思を継ぐ人々「琉球王家の衣装 首里の織物」 展

  • !cid_B6438E64-D892-4BEF-9B8A-805C97640F20
  • !cid_3E119ED3-4FB9-4A05-B4F5-5C8C27F286EA
  • !cid_547440A2-5980-45C0-AD7D-0FC63A213F7D

【東京会場】 銀座かねまつホール 5階 (東京都中央区銀座6-9-9)
期間 9月9日(金)~11日(日)
時間 10:30~18:30(最終日は17:00まで)
【福岡会場】 エルガーラ 7階多目的ホール (福岡県福岡市中央区天神1-4-2)
期間 9月16日(金)~18日(日)
時間 10:00~18:00(最終日は17:00まで)
【大阪会場】 グランフロント大阪 タワーB10階ルームB05 (大阪府大阪市北区大深町3-1)
期間 9月23日(金)・24日(土)
時間 10:00~18:00(最終日は17:00まで)

展覧会内容

伝統染織工芸会では、「琉球王家の衣装 首里の織物 展」を開催し、人間国宝・宮平初子氏とその意思を継ぐ現代の作家たちの作品をご紹介します。

首里の織物は、琉球王朝が栄えた15世紀~16世紀には すでに織られていた歴史ある織物です。海外貿易で南方からもたらされた「絣(かすり)」と中国から取り入れられた「紋織(もんおり)」の技法が合わさり、高度な織技による多種多様な織が発達しました。

首里の織物は王家や上流階級である氏族の女性たちによって織り継がれ、その家だけの門外不出の織技として大切に守られてきました。琉球王朝では、人々の暮らしと織物は密接で、日常着から礼装まで用途に応じて衣服を整え、優れた織物を織ることが、首里の女性の最高のたしなみとされました。

明治時代以降、琉球王朝の解体や先の大戦を経て沖縄の染織は衰退し、消滅しつつありました。首里もまた壊滅的な打撃を受け、首里織も一時途絶えました。そんな中、宮平初子氏を中心とする人々は、民藝運動の柳宗悦らに助けられ、わずかな資料をもとに首里織の復興に尽力し、ついに数ある織技法の中から七技法の復元を果たしたのです。

その功績が認められ、宮平初子氏は1998(平成10)年、重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されました。沖縄では3人目の認定者であり、女性では初の人間国宝です。

展覧会では、人間国宝・宮平初子氏の作品をはじめ、首里織の技法を受け継ぐ現代の作家達による作品(きもの、帯など)約80点を展示します。

宮平初子氏は今年で94歳です。今回の展覧会は、初子氏の作品を身近でご覧いただける貴重な機会です。 多くの皆様に復興し、現代に織り継がれる「首里の織物」をご覧いただきたいと願っております。